QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2015年04月11日

「実家(持ち家)の跡継ぎ」意識調査の感想

4月6日、オウチーノ総研が 、「実家の跡継ぎ」に関する意識調査を20代から30代の男女835名に実施し公表した。 
「一般的に、親の持家は子どもが継ぐべきだと思いますか?」という質問をした。
「強くそう思う」が13.0%、「まぁまぁそう思う」が38.1%
「あまりそう思わない」が32.6%、「全くそう思わない」が16.3%。
この聞き方だと、実家の家を継ぐべきだとの意見と、そう思わないの意見の双方に、
古い家を取り壊して新築をするという選択肢もないわけではないと思うが、
持ち家を継ぐべきだとの意見が約50%有ることに驚いた。
 しかし、現実は26年で古い家を取り壊し新築されている。
技術的に長持ちするような家をつくれば住み継ぐ家が出来るということでないことは明らかだ。
  
Posted by スタジオ・ピコ at 10:32Comments(0)思うこと家づくりニュース

2015年03月31日

地震に備える

朝日新聞に「地震に備える」が暮らしの扉欄に掲載されていた。
全5回の連載で昨日5回目が終了した。

昨日の記事では「地震は起きると思いますか?」という質問に対して尋ねると9割の人の手が上がると
書いてある。にもかかわらず備えをしていない人が圧倒的に多い。
それは、いますぐ起きないだろう、または自分だけは大丈夫という都合の良い
言い訳を自分にし、心の平穏を得ようとする心理だ。
 思い込みの呪縛を解くには
①震災の犠牲者が残した教訓を忘れない
②備えないストレスよりもやるべき準備をして安心を得ることだとしている。

いままで日常生活に則した地震対策を考えている住宅設計者が自分を含めてどれだけいただろうか?
記事では具体的にはどんなことをすればいいのかとの問に、日常の中でコツコツ対策を書いている。
住宅建築の専門家としてできることもあるのではないかと思える。


 
朝日新聞2015年3月30日朝刊より~  
Posted by スタジオ・ピコ at 09:21Comments(0)家づくり