QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年04月22日

チャレンジハウス6

昨年の4月上旬、施主様より
ご夫婦で検討された要望がメールで送られてきました。

おおよそ48項目ありました
番号の順番=優勢度が高い訳ではないことが
施主様のお話から伺えました。

基本計画をスタートする上で以下の要望に着目しました。

・人がたくさん来て宴会ができる
・駐車スペースを2台分確保したい
・家庭菜園がほしい
・冬暖かい(高気密・高断熱)

人がたくさん来て・・=広いスペースとエントランスからそこへの動線を考慮し、プライベート部分との分離

駐車スペース&家庭菜園=配置計画

敷地内にどうしても確保したいスペースがある場合、間取りの計画前に建物のある程度ボリュームをふまえて(この計画の場合は人がたくさん集まれる広いスペースを考慮)、建物の配置計画を行うことも重要です。

建物の間取りを考えてその後から駐車スペースや庭を確保しようとしてもうまくいかなくなります、特に都市部の狭い敷地ではなおさらですね。

計画地は8区画のミニ開発の宅地で、建築条件付きの土地ではなく大手ハウスメーカーの建物が4棟ありますが、チャレンジハウス以外駐車スペースが2台確保しているところはありません。


基本計画(建物のボリュームや配置)には直接関係はありませんが
・冬暖かい(高気密・高断熱) VS ローコスト
この計画でローコストと高気密・高断熱というテーマで取り組みました。

チャレンジハウスの建築費は:Studio Pico のHPをご確認ください。
URL:http://studiopico.net

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村  

Posted by スタジオ・ピコ at 13:27Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月21日

鎌倉の現場2

先週の土曜日(4/17)根切り部分に水がたまっていたので
4/19に工務店の監督に連絡し現場で落ち合う

水はけが悪く土が沈むところは土をスキトルことにする
監督から、地面下に腐ったようなものが出てきたが
根切りに必要な部分のみ取り除いたと聞く

全部除去するように指示した

結構良い工務店だし、監督も良いものを作るようにがんばっているが
そこは請け負った立場である工務店と監理者の立場の違いか
少しでも怪しげな部分は除去することが大事です

今日現場に来なければ地中の埋設物の話は聞かないまま施工されていたと思う。




  

Posted by スタジオ・ピコ at 19:27Comments(0)現場検査

2010年04月19日

鎌倉の現場

先週、鎌倉の現場でやり方の検査を行いました






今回はEG工法という工法で地盤改良を行いました
地面が白くなっているのは改良材が地盤の弱いところから
でているところです

チェックするとGL設定がおかしい、レベルを取り直すと
レベル設定に間違いがあることを発見
やり方チェックしてよかった




午後から県央に用事がありその後チョコとこんなところによりました






そしてこんなものが現れました






その先はこんなところです






帰りにはこんな花も咲いていました







ついでのお散歩でした。  
タグ :住宅鎌倉

Posted by スタジオ・ピコ at 08:45Comments(0)現場検査

2010年04月16日

2年点検(バイクじゃないよ)とちょこっとツーリング

先週の4/10(土)、中井町で分離発注で引き渡しをした住宅の2年点検に行ってきました

施主様は、2年住んで

他のお宅におじゃまするとうちよりも部屋が狭く感じるねとおっしゃって
やっぱりリビングを吹き抜けにしたのは正解だったとおっしゃっていました

特に気になるところはないとのこと、建築中に生まれたお子さんが
私を出迎えてくれました

予算の関係で駐車スペースの土間コンクリート打ちや、建物周囲の砂利敷きなどを
行っていませんでしたが

やっぱり、後で自分がやろうと思っていたけど結局2年間なにもやってないよ


中井のお宅の2年点検も無事終了し

この日は陽気も良かったので、どっかバイクでぷらっとしますか、とはいえ時刻は16:00を廻っています

中井からK77号線で松田方面に進みます、松田から

R246で山北方向に、この時点で行き先を明神&三国峠→山中湖→道志道かなと

漠然と思っていましたが、R246号から何となく山北の町中を眺めると線状に桜が咲いているのが見えました

あれは線路沿いだなっ、旧道は通ったことがあるけれど、線路沿いにはいったことがないけど

ちょとよってみますか



花は散りかけていますが、今日は首都圏で桜が咲き始めてから一番の花見日和ですね

跨線橋の上にはカメラを構えた方達が大勢いました、ちょうど私が訪れたとき

たぶん「特急あさぎり」でしょうか御殿場線から小田急、新松田経由、新宿行きか??

列車がきて一斉にシャッターを切っていました(逆光ですよ)

線路沿いを駅方向にもう少し進みます、線路の向こうにSLが展示されているのが見えました

今日は「やまきた桜まつり」を開催していたようですが

訪問した時間が5:00を廻っていましたので、イベントがやっていたとしても

もう終わっている時間でしょう


 

D52だそうです、SLのことはよくわかりませんがここに展示されているということは

昔、この路線で活躍したSL何でしょうね 

ここ山北駅は御殿場線の駅ですが、今では単線の ローカル線 ですが

熱海-函南間の丹那トンネルが開通するまでは、国府津-沼津間

今の御殿場線が東海道線として複線で列車を走らせていたようです

そのころの山北はにぎやかだったことでしょうね、たぶん、神奈川県内で過疎化している

地域はないのではと思いますが、山北は私がバイクで各地を回り始めた25年ほど前と

ほかの地域と比べるとあまり変わってないような?気がします

寄り道したおかげでもう夕方です、そろそろ帰ることとします

帰りはR246号-R255号を大井松田ICをすぎGS手前で左折

ちょこっと裏道を通りK77号線と合流、二宮ICから小田厚に乗り厚木西で小田厚を降りて

R129を戸田で左折、戸沢橋をわたります



先日、圏央道(相模縦貫道ていうんでしたっけ)海老名IC-海老名JCが開通したけど

海老名JCより南側、相模川の左岸は茅ヶ崎で新湘南バイパスと合流しますが

今まさに工事中、ここから茅ヶ崎にかけては私が育った地域、子供の頃は自転車で走り回ってました

相模縦貫道の高架橋が無い景色は今のうちだけ、

2年点検の帰りに思いつきで近場を走りましたが、18:40無事帰宅、走行距離は不明です

また今度はどこに行くかな?



  

Posted by スタジオ・ピコ at 08:45Comments(0)

2010年04月15日

チャレンジハウスのCM

ちょこっと、チャレンジハウスのCMを作ってみました
よろしかったらのぞいてみてね!

  

Posted by スタジオ・ピコ at 10:35Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月15日

チャレンジハウス5

 

(写真は引き渡し間近の道路からの外観です)

施主様との出会いは、昨年の2月、私の事務所のHPに書き込みをいただいたことから始まります

2月末、ご夫婦で事務所にお越しになり、その時点で複数の設計事務所と工務店に話をしているとおっしゃっていました

家造りで自分たちがやりたいことを自分達なりに考えると設計事務所に依頼した方がよいのではないかと最近は考えてい        るとおっしゃっていました

施主様 → 予算は○○○ですがどうでしょう

私 → 建物にかけられる予算は人それぞれです、予算内で施主様と私が協力し合い
     共同作業で自分たちの為の家を計画・設計・建設していくようにしましょうとお伝えしました

     後日、設計・監理料の見積もりをお送りするとお伝えし、施主様はお帰りになりました

その後、何回かメールのやりとりがあり、3月末に設計・監理の契約を行い
ここから計画が始まりました。

つづく・・・・・・・
    

  

Posted by スタジオ・ピコ at 08:45Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月14日

チャレンジハウス4



(写真は計画中検討用の模型です)
前回の続きです、分離発注の建設費についてです

3,建設費の透明性(建設費用が安い) → ハウスメーカー・工務店は大量仕入れなのでやすくできるのでは?

ハウスメーカー・工務店は大量仕入れなのでやすくできるのでは?という話はよく聞きますが、実際にハウスメーカーや工務店で建てた方に実際にかかった金額を聞いてみると 「大量仕入れでやすくなる」 の恩恵は受けていないようです。

建物本体価格にオプション価格、標準の形から変更すると追加金額、外部給排水工事が別途、外部電気工事は別途、照明器具の費用は別途、地盤補強は別途、外構工事は別途、などのようになっていると思います。

チャレンジハウスの完成引き渡しが済んだのは先月ですが、私にとってこの住宅は施主の要望を予算をにらみながら
施主とともに計画し無事着工し完成させることはチャレンジそのものだったのです、

今回、無事引き渡しが済んで施主より「思った以上の住宅になりました」といっていただき、非常にうれしく思い、また
よいところがたくさんある分離発注(オープンシステム)という建築方式を皆さんにも少し、お伝えしたかったのです。
  

Posted by スタジオ・ピコ at 08:45Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月12日

チャレンジハウス3


(写真は計画前に現地撮影した敷地です)

前回からの続きで、分離発注方式による建築の説明です。

*通常の住宅を建てる方式 → ハウスメーカー・工務店 → 計画から完成まで一括 → 請負契約

*分離発注方式(オープンシステム) → 分離発注を行っている設計事務所 → 計画・設計 → 専門工事業者と請負契約



前回にも少しふれましたが、分離発注方式で行うメリットは?

1,自分が考え、自分が計画した家を建てることができる → ハウスメーカー・工務店でたてても自分の計画した家ができるのでは?

→ ハウスメーカーや工務店の住宅を計画する場合、営業の方や設計担当の方と打ち合わせをしながら間取りを決めていくと思いますが、ハウスメーカーや工務店の営業の方や設計担当の方は、自分の会社の標準的な形や仕様を基本としてアドバイス(方向性を導く)を行います、プレハブのメーカーやローコストのメーカーなどは基本の間取りが決まっていて、その基本から外れた場合は、建築費が急に高くなります。


2,自分が使いたいものが使える、敷地の変形、高低差、小さい敷地などでも対応できる → メーカーでもできるのでは、近所でやっている

→ 私の知り合いに、ハウスメーカーの営業所長をしていた人がいます、その方曰く 「最近はハウスメーカーもいろいろなケースの住 宅をやるようになったよ!、」
 
私、「建築費はどうなの?、工事の管理は?」

知り合いの方、「当然ハウスメーカーはいつも規格品の中で設計や施工をしているので、読めないリスク分とか、設計や現場管理も通常の業務内ではないので手間がかかる分だけ割り増しになるね!、規格外が多くなると現場管理についても担当する社員や外注のスキル次第の部分がどうしても出てくるね!」

3,建設費の透明性(建設費用が安い) → ハウスメーカー・工務店は大量仕入れなのでやすくできるのでは?

建築費については次回以降に続きます



  

Posted by スタジオ・ピコ at 11:54Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月08日

チャレンジハウス2



(写真はリビングより食事スペース方向を撮影したものです)


前回、この住宅を分離発注という方式で建てたとお伝えしましたが

分離発注?普通の建築方法とどう違うの?・・・・・・だと思いますので

今回から何回かに分けて分離発注方式による家づくりの話をしたいと思います。

通常、家を建てるときは、展示場に行ったり、雑誌を見たり、

WEBで検索したりしてハウスメーカーや工務店に相談し

依頼をする方が多いと思います、

その場合メーカーや工務店によって

使う建材、ユニットバスやシステムキッチンなどの住設、工法、仕様が

決まっていてその中から自分達が気に入ったものを選び家を計画(打ち合わせ)を

していき工事を行っていく方法が一般的です

分離発注方式による建築とは、そのような皆さんがイメージしている家づくりとは全く方法による建築方式です。

次回に続きます。
 
  

Posted by スタジオ・ピコ at 10:51Comments(0)オープンシステム(分離発注)

2010年04月07日

チャレンジハウス1




初めまして、横浜で住宅の設計事務所をしております今井です。


チャレンジハウスというタイトルからしてものすごく斬新な構造とか

誰もみたことのないような形とかをイメージされると思いますが

私自身が、限られた予算の中から建て主のイメージするものを

建て主とを支援して建てる気持ちをタイトルとしたものです

写真はリビング東側からTV台を撮影したものです

ちなみにこの住宅を建てた方法は分離発注という方式です。
  

Posted by スタジオ・ピコ at 15:48Comments(0)オープンシステム(分離発注)