QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年06月25日

鎌倉、明月院

昨日は午前中に自転車で、横浜港の赤レンガ倉庫まで行って来ましたが、
なんだかもう少し走りたい気分、そこで、
いつものコースですが、大船-北鎌倉から巨福呂坂を下り、鎌倉のまちなかに出るコースを走りました。

北鎌倉は日曜日ですごい人出でした、特に、
明月院に向かう道は混雑。





今日(月曜日)の夕方PM6:45頃の明月院前、
観光客は全くいません。





今日も巨福呂坂を下り、鎌倉のまちなかに出る。
鶴岡八幡宮の角をまっすぐ進み小町通に。




そして直ぐに右折し、
寿福寺の踏切を渡り市役所方面に向かうのが、北鎌倉を経由するいつもの
コース、市役所前の交差点を過ぎ、写真は御成小学校の木造校舎。
この校舍は使っていないようだけど、立派な木造校舎です。




このあと、藤沢から境川沿いのサイクリングロードを走り、長後街道で戸塚に戻りました。
本日の走行距離:約32km

  
Posted by スタジオ・ピコ at 22:08Comments(3)お出かけ(ツーリング、自転車)

2012年06月25日

自転車で赤レンガ倉庫まで

昨日の日曜日、
天気予報によるとくもりで雨は無し、ということで、
赤レンガ倉庫で行われている、
スタジオジブリのコクリコ坂から横浜特別展に自転車で行く事にしました。

うちからはR1を進み、環状2号付近を右折し、上大岡方面へ
途中、予定外の雨に打たれましたが、すぐに雨は上がりました。
弘明寺からは、大岡川沿いを進みます。
大岡川沿いを進んでいけば河口で、みなとみらいと新港の間に出ます。

写真は京浜急行の日の出町駅付近からランドマーク方面。




赤レンガ倉庫に消防車がいました。そこに警察の女性白バイ隊が到着。
消防&警察のデモンストレーションのようです。




スタジオジブリのコクリコ坂から横浜特別展のトトロと一緒に。




赤レンガ倉庫を離れ、象の鼻パークへ、
象の鼻の向こう側が、大さん橋客船ターミナル。

clear="all">

象の鼻パークから横浜税関の塔(通称、クイーンの塔)、
左側の建物は神奈川県庁の新館(新館と言っても築40年くらいは経つと思う)




このあと、イセザキモール付近のうどん屋、亀山製麺でうどんを食し、
昼過ぎには帰宅、午前中のサイクリングでした。  
Posted by スタジオ・ピコ at 10:40Comments(1)お出かけ(ツーリング、自転車)

2012年06月21日

伝統構法の建物について

昨日の夕方、横浜木の建築クラブ、定例セミナーに出かけました。
セミナーの内容は、越後・林業活性化会館の紹介です。
新潟県産木の展示施設的な意味合いもあるものと感じました。

雨森代表からは、視察の印象や概要についてお話があり、
後半は木村先生から工法と構造計画についてのお話が有りました。

この建物は木材と相性の良くない金物をアンカーボルトは除き使用していない伝統工法による大型木造です。
村本元教授の基本構想を元に、木材の調達は工務店がストックしている木材と森から根曲杉を切り出し、棟梁による架構計画を行い、設計者が実施設計を行うという、現状の建築工程とは全く違う、伝統工程とも言うべき伝統的な方法で進められた建物です。

着目したい点として、
この建物の実施構造計画と実施構造設計を担当された、木村先生は、
固有の荷重を拾い出し、必要な耐力壁量を導き、あわせて端部の割裂破壊やせん断破壊の検討をされ、金物を使用しない大型伝統構法の建て物を、許容応力度計算で設計をされたところです。

この建物のスライドで見た印象ですが、
架構の見事さ、大工技量の見事さ、構造設計者のこの建物に対しての緻密な設計が優っている分、意匠設計の工夫が見えないのが残念な所です。(予算的が架構に多くを割かれているとは思いますが)
それと、建物は使用されてこそで、そのへんはどうなっているのか?

私は、永く住む家について、研究中です。
そのうち木村先生には構造関係でいろいろお聞きしたいと思っています。
永く住む家とは、「永く使ってもらえる家」でもあります。
  

Posted by スタジオ・ピコ at 11:32Comments(0)住宅設計 横浜